遺産総額から差し引くことのできる葬式費用について

相続税の納税額の計算は、被相続人がのこした遺産をもとに行われますが、被相続人が亡くなった後に実施する葬式の費用については遺産総額から差し引くことができます。ただし、葬式費用を減じることができるのは、その費用を実際に負担することになる相続人と、遺言により遺産の一部もしくは全部を被相続人から与えられた者に限られます。


遺産の総額から差し引くことができる葬式費用は主に、死体の捜索費用や死体・遺骨の運搬費用、遺体や遺骨の回送費用、火葬や埋葬、納骨などの実施費用、葬式を執り行う際に通常必要となる費用、読経料などの葬式を行うにあたってお寺の住職等にお礼として出した費用です。つまり、亡くなった被相続人の遺体を引き取ってから、通夜・告別式を経て、火葬もしくは埋葬が終了するまでの一連の流れでかかった費用であれば、そのほとんどが遺産の総額から減じても良いこととなっています。また、事故などに巻き込まれた人の遺体がすぐに発見されない場合は仮葬式と本葬式に分けて執り行われることもありますが、相続税の申告と納税を行う際には、仮葬式の費用と本葬式の費用はともに遺産の総額から差し引くことができます。
ただし、火葬や埋葬などの終了後に実施されることが多い香典返しや初七日法要の実施費用や、墓地や墓石を買い入れるためにかかった費用など、葬儀と直接関係ないものは遺産の総額から差し引くことはできないので注意が必要です。

Comments are closed.